納得して売却しなければならない

マンションを査定、売却する前に、今お住まいのマンションがいったいいくらで売却できるのか業者に物件の査定をしてもらうのですが、単純に考えて査定額が高ければ良いのでしょうか??

ご存知の方も多いかもしれませんがマンションの査定額というのは自動車の査定とは違い、不動産屋がその値段で買い取ってくれる訳では無く、あくまで「この価格なら売れるだろう」という推測の金額なのです。

つまり、査定額(売り出す金額)が高ければそれだけ売れにくくなる可能性があるということなのです。

担当の営業マンを見極める

マンションを査定、売却するにあたり、どのような営業マンが貴方の元へやってくるでしょうか?

営業マンの見てくれや言葉使いは良いか悪いか?また仕事の出来る出来ないは見た目で判断できませんが、世間話や売却に関する話を少ししてみるとある程度は分かるかもしれません。

でもあなたにとって一番重要なのは出来るだけ早く、希望した価格で売却してくれるかどうかです。

別の言い方をすれば貴方の不動産を買いたいと思ってる人(買主)を探してくれれば良いのです。

担当営業マンの見てくれや、仕事の出来る出来ないはどうでもよく(笑)、極端に言えば仕事が出来なくても偶然に運よく売れてくれてもいいのです。しかし今の時代なかなか希望価格で売ることが難しくなってきているのが現状です。

売却したい価格と買いたい価格

マンションに限らず一戸建て住宅や不動産売買の際に売主の売りたい金額と買主の買いたい金額には必ず開きがあります。

売主は過去の相場や現在同じような物件が売りに出されている価格を参考にして判断します。

「同様の物件が3200万で売りに出されている」
「近所の物件が3ヶ月前に3100万円で売れた」

だから・・・

不動産査定料金

マンションや不動産の査定料金については、今はほとんどの業者さんが無料で相談に乗ってくれます。基本、査定額が書かれた査定書の発行に関する手数料は不要ということです。

マンションの査定料金(査定額)とは、実際に市場に物件を売り出しに行った場合売却可能だと予想される金額のことです。

電話等による簡易査定に始まり、営業マンが実際のマンションを訪問する外観査定と進んでいきます。この査定金額をベースにして、実際の売り出し価格を決めます。

その為、査定料金については業者によって若干の差があります。そこまで、大きな差はありませんが、いくつかの業者に頼んでみて、比較してみるのもよいでしょう。

従いまして査定を行う仕事自体に関する料金はほとんど請求されることはございません
念のため電話などで問い合わせてみるのも良いでしょう。

また、あまりに高い査定額を出す業者は、単に売主から委託してもらうためにはじめだけ営業トークで高い査定額を提示しているだけかもしれませんので良く考えましょう。結局売れないので値下げして売ってしまうケースもあるようです。

なので必ず複数の業者で査定を行うのが望ましいのです。

私が利用した一括査定サイト